Category Archives: 学級日誌

小学校の算数 6月23日(金)の学級日誌

6月23日(金)
今日は中華小学校で教鞭をとられている若い先生達3人がうちの班にやってきてくれました。
私が担当した方はスポーツマンの溌剌とした台湾人女性です。すでにN2を取得し日常会話も上手に話されていました。
しかし小学校の授業は中国語で、中には日本語しかできない生徒もいるため授業中の説明に苦労しているとのことでした。
そこで算数の教科書に載っている記号や図の説明が今日の学習課題になりました。
この記号「÷」は何といいますか?→「わる」です。「×」?→「かける」。「+」「-」「=」・・・
式の記号の名称から始まり、△や□の図形では、二等辺三角形や直角三角の呼び方から説明の仕方を学習しました。さらに分数、公倍数、公約数について等など・・・
小5の算数の教書を見たのははるか〇十年前。次々飛び出す質問に古い記憶を辿る私の脳はフル回転でしたが、いい刺激を受けとても楽しい時間を過ごせました。
(3班 小木野さん)

中華学校は大国町にある台湾系の民族学校。小学校と中学校があります。生徒さんは台湾系の方も中国系の方も両方おられます。

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

ベネズエラからの学習者 6月16日(金)の学級日誌

6月16日(金)
今週はたまたま別の班にヘルプに呼ばれました。ベネズエラから来ているエリオさんという若い男性で、大変意欲的な学習者さんでした。語学に長けていて数カ国語を使いこなせるとの事でした。まだ日本語は初心者という事で英語を使っての学習でしたが、ポイントをついた質問でテンポのいい学習時間でした。学習の後半に少しプライベートについてもお話してくれて、楽しかったです。
また、お二人の見学者の方も積極的に参加して下さいました。
(2班 神原ひとみさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

日本語の難しさ

ベトナムから研修生として来日している学習者と今年の4月から日本語を勉強し始めてはや2か月が経とうとしています。

先輩に連れられて市岡に来た彼は、毎日会社が配布している冊子に目標を書いて日本語を勉強しているはにかみ屋さんです。毎回、彼の様な海外から日本に研修に来ている人を見て思う事ですが、仕事をした後で日本語の勉強を毎日する、本当に彼らの努力には頭が下がります。

今年に入ってから日本語を勉強し始めたという彼。ひらがな、カタカナはある程度わかるけれど漢字がわからない・・・という自己申告と共に日本語の学習が始まりました。
中華圏の方だと漢字を書くことで何となく意思表示をすることができますが、共通の文字を持たない文化圏の人間との意思疎通は文字がダメなら絵になります。私は市岡でボランティアをすることでなかった絵心が多少改善されたような気がします。

絵を描きながら日本語の勉強を終えたところで、また来週!と終わった次の週。彼はまたやって来ましたが、受付でまごついていました。その理由は、「どこの国から来ましたか?」がわからなかったこと。
日本語では「どこから来た?」が、いろんな言い方で表すことが可能です。それがわからなかった彼。もちろん、その日の日本語学習は「どこから来た?」の他の言い方とその答え方になったのは言うまでもありません・・・。(次の週ではバッチリでした。さすが!)

一つ事柄を表現するにも色々な表現がある日本語。その世界に足を踏み入れたのが最後、しっかりマスターしてもらうしかない、と思う日本語ネイティブと日本語ビギナーの二人三脚はまだ始まったばかりです。

(1班 高橋)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

同じレベルの学習者二人と 6月2日(金)の学級日誌

6月2日(金)
 6月に入り、5班は大きい部屋に移り、にぎやかな中2人の学習者と勉強しました。
 ベトナムのK君は、日本に来て1年半になる研修生。教室へは2回目ですが、勉強熱心で独学でN3を勉強するレベルになっています。
 一方、向かいに座った台湾出身のKさんは、留学生。初めボランティアが不足していたので一人で学校のテストの答え合わせをして復習している様子でした。
ふとテスト用紙に目をやると、見たことのある問題。なんとK君と勉強に使っていた教材と同じ内容。2人にかわるがわる問題を読んでもらいながら一緒に勉強しました。台湾のKさんは既に答えはわかっているのですが、なぜ正しくなかったのかなど一緒に勉強しました。ベトナムのK君は、Kさんの答えをついついカンニングするので「見ないで!」と3人で楽しく勉強することができました。
(5班 Yさん)

 この日の学習者は50人超。最近、ボランティアが不足気味なので、みなさん、早い時間から来てください。よろしくお願いします。
(広報担当)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

大阪弁は早口? 5月26日(金)の学級日誌

5月26日(金)
 ゴールデンウイークも終わり、気温が一気に上がり日中は夏のような暑さですが、教室にも新しい学習者が増え、日中の暑さに負けない位、熱気に包まれています。
 先日、新しい学習者の方から「大阪の人は話すスピードが早くて聞き取りにくい!」と言われ、なるべくゆっくり話そうとしたら、かえって変な日本語になって、学習者さんと笑ってしまいました。
 分かってもらうよう話すのは、案外難しいなあと思いました。
(4班 Kさん)
P1030752

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

『勉強のかいがありますよ、きっと・・・』 5月19日(金)の学級日誌

5月19日(金)
 今日は、熱気を感じるほどたくさんの人が集い、部屋のあちらこちらで楽しそうな声が飛び交っていました。
 私はベトナムから来日中の方と一緒に学習しました。お仕事も忙しく残業も多いようで休み休みですが、疲れていても勉強しようと足を運んでくださる姿勢には頭の下がる思いです。昨年12月の試験でN3に合格、今年の12月にN2受験予定ということで、N2対策テキストを一緒に進めました。2日分4ページ、8つの言葉について説明したり、問題を解いたりしました。
「読みかける」「読み切る」「ありえる/うる」「やり抜く」「努力のかいがあって」「手術のかいもなく」「やりがい」「借金してまで/までして」の8つでしたが、なんとなく意味は理解されていたので、あとはどれだけその言葉に触れる機会があるかですね。
残り30分で例文作りをしましたが、上手に作られていました。
12月まで一緒に頑張りましょう!
(2班 Yさん)

 この日は多数の新規の学習者が来られ、教室はあふれかえり、ボランティアはまったく足りませんでした。ボランティアのみなさんは、学習者を担当できない日もありますが、こんな風に、まったく足りない日もありますので、できるだけ休まずに来てください。例年、5月に学習者がさばききれなくなり、その後、ボランティアが余るという困った現象がおきます。特定のパートナーのいないボランティアは、こういう機会に、ぜひ馬の合う相手を見つけてほしいと思います。
 今年は新規のボランティアの応募が少なく、ボランティアが不足気味です。お友だちやお知り合いで興味のありそうな方をさそってください。よろしくお願いします。(広報担当)
2017_05_19_001

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

『新しい仲間が増えました』 4月28日の学級日誌 

4月28日(金)
4月になり市岡日本語教室も新しい年度が始まりました。
新年度を迎えて、1班にも女性のボランティアさんが新たに参加して下さり、大変心強いです。さらに、学習者さんも増えました。カンボジアの女性、台湾の男性、さらに香港の男性、まさに千客万来です。そんな状況で、この日はボランティアが不足気味、3班に応援をお願いして何とか凌ぐことができました。助かりました。
このカンボジアの女性は、以前に私が担当していたカンボジア男性の奥さまです。その男性は、技能研修生として3年間忙しく働きながら市岡日本語教室に頑張って通いました。一昨年の暮れに研修期間を終えカンボジアに帰国したのですが、帰国直前に受験したN3能力検定試験に見事合格、嬉しい成果を持って帰国しました。
そして帰国後に結婚、身に付けた日本語能力を生かして、プノンペンで研修生を日本に送り出す機関で仕事をしていましたが、この度以前に研修生として働いていた会社の社員として奥さまを連れて再来日を果たすことができました。そして、奥さまも市岡日本語教室でご主人と同じようにN3能力検定試験を目指して学習を始めてます。担当は、新たに参加した女性ボランティアです。二人で力を合わせて目標を達成して欲しいと思います。
頑張れ! フレーフレー!!!
(1班 Mさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

建築現場で頑張る学習者 4月21日の学級日誌

4月21日(金)
 久しぶりに学習者が大勢参加され、ボランティア不足でした。私はタイのCD君来日して1年、建築工事で頑張る26歳の青年です。母国の家族の話や日本における生活等、一時間ほど言葉を選びながら良く話してくれました。彼は去年の12月から4月まで仕事が忙しくこれなかったとのこと。仕事のことを聞くと朝6時に起きて現場まで電車移動、それから5時まで仕事だそうです。その内容までよく話され意欲的に日本語を話したい気持ちが伝わってきました。あと2年日本で働いて帰国する彼の今後の会話力を楽しみに今日は聞き役に徹しました。
(5班 S.M.さん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

出会いと別れの季節 4月14日(金)の学級日誌

4月14日(金)
 街中で今年の新入社員さんが上司の方と同行している姿を見かける時期になりました。少し緊張していますが清々しく見えます。
 市岡日本語教室にもあたらしいボランティアさんが加わりました。不安そうに見えますが「大丈夫ですよ、よろしくお願いします。」と声かけ。その後、新しい学習者さんとマッチングです。上手く続けば良いなと思っています。
 一方3月末で卒業した学習者さんは大学、大学院へ進学、また研修が終わり帰国した人達は、新しい環境で頑張っている便りを届けてくれます。いつの間にか学習者と交換していたfacebookの友達も100人を超えました。色々な相談も受けますが、毎回新鮮でこちらが教えていただくようです。これからも、この活動を続けて行きたいと思っています。
 今日は、教室終了後、ボランティア対象に「会員心得」の説明が有りました。改めて学習者とボランティアの関係を考える良い機会でした。
 桜の花びらが映える新学期がスタート。本年度もよろしくお願いします。
(4班 才崎さん)

2017_04_14_603

(写真と記事は関係ありません。)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

ボランティアを初めて1年 4月7日(金)の学級日誌

今日は、2017年度初めてのボランティア学習日でしたが残念ながら、あいにくの雨模様で学習者が欠席の為1人淋しく過ごしました。

自分自身も初めてのボランティアも1年が過ぎ市岡日本語教室の楽しさ、むずかしさが分かってきました。

今年度からは、広報からイベントに担当の係も変わったので、これからの1年間もしっかり頑張って行きたいと思います‼️

3班 k.T

Posted in 学級日誌 | Leave a comment