中国あちこち2 長春の東北淪陷史陳列館

丹東を訪問した後、長春へ行き、そこから写真を送ってくれました。私も必ず行かなければならない所です。彼ら中国の若者たちと歴史を語ることができるとは、私にとってこんな嬉しいことはありません。

20150116_7 20150116_8

This entry was posted in 大連だより. Bookmark the permalink.

One Response to 中国あちこち2 長春の東北淪陷史陳列館

  1. 柳村順 says:

    中国の東北地方は日本人の若い人には是非行って欲しいところです。昔(70年以上前)に日本はあそこで何をしたか?よくわかります。歴史授業や教科書、書籍などではわからないことをたくさん知ることができます。市岡国際教育協会が何故日本語教室をやっているのか、ボランティアをやっている意義がわかります。そして将来に向けて市岡国際教育協会はどのように発展して行ったらいのかが見えて来ます。市岡国際教育協会の存在意義は日本にとってもたいへん重要なことです。是非私たちの協会を発展させて行きましょう。

柳村順 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA