Category Archives: 学級日誌

N2~N1レベルの学習者2人と 12/8(金)の学級日誌

今季最強の寒波がやって来ましたが、教室には多くの学習者が来室し、12月度の日本語能力試験も終わり、ほっとした様子で普段通りの学習に取り組んでいました。

先週に続き、今週も学習者の来室が多く、先週同様複数の学習者(通常学習の韓国人女性と初めての中国人男性)を担当しました。学習者の日本語能力レベルが違う場合、勉強方法に工夫が必要ですが、今夜は2人ともN2~Niレベルの能力があり、共通の話題で学習を進めることが出来ました。

まず、先日彼が受験した日本語能力試験N1の自己採点と難しかった問題(読解関係)についてQ&Aを行った。彼は、日本の看護師試験の受験・合格を目標にしていて、そのためにはN1の合格が必要だそうです。

次の学習話題は、「あつぎ(厚着)/きすぎ(着すぎ)/さむがり(寒がり)」でした。彼女が勤務する学校で同僚先生(日本人)から「あなたは厚着ですね」と言われ,その意味が直ぐ分からなかったそうです。

それで、厚着とは衣類を重ねて着る状態のことで、寒さを防ぐためであり、反面「着すぎる」と部屋の中では暑くなることがあると説明し、あなたは「寒がり」なんですね、と話すと、「寒がり」の「~がり」はどんな意味ですかと尋ねられ、即答が難しかったが、「動詞/形容詞~しすぎる」、「~がります」について例文を挙げながら説明し、分かってもらった。

私たちは、普段から厚着‣薄着、暑がり・寒がり、着すぎ・飲みすぎ、などの言葉を自然に使っているが、学習者に理解させるには、詳しく例文を挙げて教えてあげねばなりませんね。

本年の教室も、あと2回の学習で終わります。学習者とボランティアの皆さんは、風邪など引かないように、元気で良き新年をお迎えください。

 

5班 (T.M さん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

季節

10月26日で、仕事で日本に来て1年間になった。
前に出張で何回も来た事があるが、いつも冬なので、桜や紅葉を見れなかった。
すごく残念だと思うが、この一年間でやっと夢を叶えた。

3月から、家の近所の公園にある桜がだんだんピンクになって来て、木の下に可愛い子猫が遊んでいる姿と横にある古い一戸建て、まるで宮崎さんのアニメの世界に入った感じ。
天気のいい日に川の近くに行けば、満開の桜が川の両サイドで各自綺麗な姿勢をしている。
一部の枝が水面まで伸びて、落ちた花びらが水で流れるピンクの花筏は、なんと美しい景色だろう。

7月、友達の和歌山にある実家へ行った。
小さな駅から20分ぐらい歩いて、細い道を通れば、山の下にある古い木造の平屋が見えた。
友達によると、この家は100年以上歴史あって、今はもう誰も住んでない。なのに、入ったら、中は凄く綺麗だ。
家に鍵はかかっているが、和式の家なので、四方面どこからも扉が開けれるのはビックリした。

家のちょっと離れたところに小さなお寺がある。
「寂しすぎるからお坊さんが逃げたよ」と、友達は冗談を言った。
お寺だけでなく、村の若者たちはほとんど都会に行って、残りは高齢者だけだ。
お寺の後ろに霊園がある、80何才の友達の学生時代の校長先生の奥さんが毎日掃除をしている。

暑い夏の夕方、静かな山の中で、お婆さんの帰り姿、蝉の声と急いで道を渡る蟹。
他の有名な観光地より、私に深い印象を与えた。

木の葉が染められた10月、北国で育てられた私の一番楽しい季節だ。
自転車で駅まで行く道、太陽の光が木の葉の隙間から通り抜けて、顔を照らす。
まるで時に割れた記憶、握りたいが、握れない。
土や草木の枯れた匂い、日本でも中国でも同じだ。
深く息をして、故郷に帰った感じで、ストレスも解消できる。

12月の年末、大阪はもうとても寒くなった、私もそろそろ帰省する。
故郷はもう雪が降っているだろう。

(1班 学習者)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

学習者に学ぶこと 12月1日(金)の学級日誌

12月1日(金)
ボランティアと言うと、人助けというイメージが強いですが、私は、自身のボランティア活動を通して、どれ程助けられたり、教えられたりしたことでしょう。
初めてのボランティアは、アメリカの幼稚園と小学校で日本語を教えました。
異国の地で孤立していた私は、その活動で、自分の存在価値を見出すことができました。
そして今は、市岡日本語教室で沢山の刺激をもらっています。
先日は、インドネシアのフダくんと勉強をしましたが、その学習意欲ときたら目を見張るものでした。
結局、白熱した勉強会はその後の飲み会へと持ち越され、居酒屋で、フダくんと私だけが「あーでもない。こーでもない。」と敬語や文法について議論を交わしていました。彼には日本語能力試験合格という目標があります。
学習者たちの生き生きとした笑顔や輝くまなざしは、私が日頃、つい忘れがちな夢や希望、好奇心について思い出させてくれます。
日々の忙しさにかまけて、大切なことを忘れてしまわないように、今週も市岡日本語教室へと向かいます。
(4班 早川さん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

自分も勉強 11月24日(金)の学級日誌

11月24日(金)
11月の月末ともなると、とても寒くて風も強かった‼️ 学習者の出席は、どうかなぁと思っていましたが、皆さん勉強熱心でなかなかの盛況だった。
今夜の学習者は、中国人のT君。日本語の教材(上手な話し方・聞き方)を一緒に勉強しましたが、改めて日本語を教える難しさを知りました。
学習者に、どう教えたら分かってもらえるか?自分もしっか勉強しようと思いました‼️
(3班 K.T.さん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

寒さにご注意 11月17日(金)の学級日誌

11月17日(金)
5月から市岡日本語教室に通いだし、半年が過ぎました。まだまだ模索中で、どんな日本語が理解しやすく伝わりやすいのか、毎回考えながら話をしています。とはいえ伝わらないことが多々あり、それが悩みの種です。
今日はベトナム人とインドネシア人、2人の生徒さんとお話ができました。2人とも今年の5月に来日し、いまは働いており休みは日曜日だけ(!)ということでした。仕事で忙しい中、教室にきてくれました。これから冬が始まり寒くなるので雪が降ったら喜ぶ生徒さんも多いのかなと思っています。(個人的には交通網が乱れるので雪はあまり歓迎できませんが…)
帰りに寒さで体調を崩したりしないようにお願いをしました。
(2班 Sさん)

今日はオークの生涯学習センターでの開催でした。いつもと違うクラフト室という部屋も使いました。
別会場での開催では、毎回会場を間違える方がいて、トラブルがあります。なかなか連絡等がうまくいかないのが悩みです。
ずっと以前は一斉メールで連絡という方法もとっていましたが、登録されない方も多く、特に学習者の登録はむつかしかったので、それもうまく機能していませんでした。
現在はこのホームページ(行事予定を見てください)、facebook、twitterに毎回開催情報を記入しています。
それらを見る癖をつけてください。また、学習者にもそのむねを伝えてください。
あとは、担当者と学習者のこまめな連絡が頼りです。よろしくお願いいたします。
(広報担当)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

高校合格をめざして 11月10日(金)の学級日誌

11月10日(金)
 こんにちは。私は市岡中学校の3年生です。去年の8月に中国から来ました。
 みなさんお元気ですか?最近風邪をひいた人が多いですから、気を付けてください。
 私は去年の9月から市岡日本語教室で勉強しています。私の先生(Hさん)はお忙しいのに毎週頑張って来てくださっています。私は先生と会話をし、日本語能力のレベルが上がり、日常生活の中のたくさんの言葉を勉強しました。
 私は今受験生です。公立高校は千里、そして私立高校は同志社国際高校です。これからの高校生活のため、数学と英語だけではなく、5教科全部を頑張っています。それで、日本語の勉強の時間がだんだん少なくなりました。また、木曜日と土曜日には塾に行っています。でも、市岡の先生方はとても親切で、学習している皆さんも努力して日本語がうまくなるようにがんばっています。だから私はここが好きです。
 入試までの3か月、市岡日本語教室の皆さんと一緒に私は全力で頑張ります。
(1班 Kさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

交通安全教室 10月27日(金)の学級日誌

10月27日(金)
 交通安全教室が行われました。港区長を始め、たくさんの来賓のもと、港警察の宮内さんが詳しく教えてくださいました。
 警察の方と聞くと恐い感じがしますが、宮内さんは笑顔がすてきな親しみやすい感じの女性で、学習者さん達にもわかる簡単な言葉で大きな声ではっきりと話してくださいました。
 内容は「自転車のマナー」についてでした。車には免許や講習会がありますが、自転車には免許も講習会もありません。よって、近年は自転車事故の件数も増えていることから、改めてマナーについての講習は有意義に感じました。始めに標識の話があり、その後自転車事故のビデオを見ました。自転車に乗って事故をする人はスタントマンだとわかっていても、その場面になると、やはりドキッとして、また近くの人からも「アッ!」と驚きの声がもれていました。スタントマンだから比較的上手に倒れていましたが、実際は大きな事故やけが、最悪亡くなることもあるそうです。
 復習の意味で、自転車でのルールをまとめました。
1.車道を通る(左側通行)
2.歩道では車道側を通る
3.歩道では歩行者が優先
4.信号を守る
5.「止まれ」の標識や大きな道路に出るときは一旦停止し、左右を確認する
6.暗くなったら電気をつける
7.子どもにはヘルメットを着用させる
8.(禁止事項)飲酒・二人乗り・並列走行・携帯を見る・大音量で音楽を聞く・傘さし運転・自転車置き場以外の駐輪など。

質問の時間では、
1.連絡先は?  …110番です
2.事故をしても居場所がわからないときは?…大阪では標識の支柱にOPPのシールが貼られていて、その番号を警察へ言えば居場所がわかるそうです。(全標識ではない)
3.自転車が撤去されたときは?   …自転車に保管場所が書いてあるシールが貼られています。
4.日本語が話せないときは?   …近くの人に助けを求めてください。

 最後に宮内さんは「自転車は簡単で便利な乗り物ですが、人の命を乗せています。また加害者にも被害者にもなるものだということを覚えておいてください。」と言われました。「人の命を乗せている」と何度も繰り返されたのが心に残りました。
 当日欠席された学習者さんにはこれらのことをボランティアさんの方からよく説明してあげていただければ幸いです。
(5班 中井陽子さん)
2017_10_27_534

2017_10_27_506

2017_10_27_509

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

話題収集に励んでいます 10月20日(金)の学級日誌

10月20日(金)話題収集に励んでいます
 今年度は、私が転勤したこともあり、なかなか日本語教室に出席できずで、担当のマキシや、4班のみなさんには大変ご迷惑をおかけしています。
 月に1回ぐらいしか行けないこともありますが、参加できた時は、いつもマキシから色んなことを教えてもらっています。
 はい、どちらが学習者かわからなくなるときもあります(笑)
 日本に来てから20年以上たち、仕事もこなし、DJもやりながら、家族を第一に頑張っているマキシからは、本当にパワーをもらっています。
 お互い年齢を重ねてきて、話題も少しずつかわってきました。以前は楽しい話題が中心でしたが、最近は、日本の政治や経済の話題も加わってきました。
 日々過ごしながら、吸収できることは、積極的に吸収しようとしているマキシに、もっともっと話題が提供できるよう、これからもアンテナをはって話題収集に励みます!
 (4班 西村かおるさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

港区民まつり

10月8日(日)
 港区民まつりが催されました。前日は雨が降ったり止んだりしていましたが、当日は晴天で気温は30度。夏の様な暑さで日焼け止めを塗りながら参加しました。
大阪プール周辺で、地域の方々がおにぎりや東北支援のサンマを売ったり、フリーマーケットや世界の衣装体験コーナー、ロボットのダンスがあったりと賑やかでした。
 市岡日本語教室のブースでも、1班の王さんがチャイナ服を着て中国茶藝を披露してくれました。所作がとても優雅で、いれて頂いたお茶も普段自分がいれたお茶とは違い、香豊かでおいしかったです! また、ステージでは大阪中国帰国者センターの方々17人が、今、中国で大人気の広場舞を新調した鮮やかなピンク色の衣装で披露してくれました。
 1班のインドのディビアさんのダンスは圧巻でした! インドで大流行した映画の中で流れる音楽に合わせ、伝統的なステップを組み合わせたダンスで、躍動的で素晴らしかったです!
 大阪港開港150周年という記念の年で、市岡日本語教室も国際色を出せたと思います。ご協力頂いた皆さん、有難うございました。
(渉外係)
IMG_4587IMG_4555

IMG_4584

IMG_4583

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

たくさんの出会いに感謝 10月14日(金)の学級日誌

10月14日(金)
私は日本語教室でボランティアさせていただくようになって驚いたことは教える側も教わる側も真剣そのもので、あっという間に終了時間が来てしまいます。特に生徒さんは一語一句聞き逃すまいと耳をすまし目はギラギラと輝いてるので、本当にボランティアの一員になれたこと嬉しく思います。これからもたくさんの人と出会い交流していけたらいいなと思います
(3班 SHさん)

この日は学習終了後、各班で、学習者、ボランティア合同の班ミーティングがありました。いろいろな連絡のほか、学習者どうし、ボランティアどうしがふれあう良い機会となりました。

Posted in 学級日誌 | Leave a comment