Category Archives: 学級日誌

『担当学習者さんの紹介』 5月25日の学級日誌 

5月25日(金)

最近、気温が安定せず、寒かったり、暑かったりしていますが、皆さん身体に気をつけてくださいね。
私は、4年前からこの教室でボランティアをしています。今回は、私の担当している学習者さんを紹介します。
彼女は、中国の四川省から来日した女性で、今、日本の大学の大学院で学んでいます。3年前日本に来て、日本語学校で日本語を学び、昨年大学院を受験し見事合格しました。今は卒業論文に取り組んでいる頑張り屋さん(がんばりやさん)です。
明るい性格の彼女は、苦しいことやつらいことがあっても、いつも前向きに努力しています。そんな彼女と毎週教室で会って楽しく会話をしていると、担当している私の方が、かえって元気をもらっています。
海外から日本に来ている皆さん、市岡日本語教室に来て、ボランティアと会話しませんか。また、現在ボランティアが不足しています。興味のある方、ぜひ市岡日本語教室に来てください。とても楽しいですよ。
(1班 高澤さん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

日本語ボランティアってこんな感じです。

この4月から新しく市岡日本語教室のボランティアに参加しています。僕が日本語教育に興味を持ったのは英語留学でセブに滞在してた時にフィリピン人の英語の先生に誘われて参加したフィリピン人の日本語勉強会でした。もともと外国の人とのコミュニケーションは好きでしたが、それを日本語でできることがとても新鮮でした。

それから帰国して半年ほど経った頃に地元の情報誌で市岡日本語教室のことを知り見学にいきました。港区民ホール2階の会場には人があふれていて、おそらく学習者(外国の方)が30〜40名、ボランティアが同数以上いたように思います。基本的にマンツーマンで勉強するので30〜40のペアが同時に会話します。すると隣の声も聞こえるので自分がペアと話す音量も一段上げることになり、更に全体のボリュームが大きくなり騒々しいです(笑)

でも繁華街じゃない普通の大阪の町に大勢の外国の方が集まって日本語を大声で話してるって凄くないですか? 僕はこの熱気に魅了されてボランティア参加を決めました。
それから毎週金曜日の夜にはここに通ってます。しかし日本語ネイティブですが日本語教育の特別なスキルを持たない僕がやってることは、まず日本語会話のパートナーになることです。これでも確実に学習者が日本語を聞く話す機会は増えます。そして次に日本語や日本についての質問に答えること。これは即答できないことも多いので調べて次回に返事することにしています。ボランティア側も学ぶことがたくさんあります。

現状は学習者がボランティアより多くてマンツーマンができず、ボランティア1名が複数の学習者を相手にする場合もあります。もちろんグループ学習にもメリットはありますが単純に学習者ひとりの話す時間は少なくなります。
そんなことで最後は「ボランティア募集中!」と書いておきます。金曜日の19時に港区民ホールへ遊びにきてください。楽しくて学べて役に立てる市岡日本語教室です。

(4班H.T)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

班を移りました。 4月27日(金)の学級日誌

4月27日(金)
新年度が始まり、私は新しい班でスタートを切りました。市岡日本語教室でボランティアを始めて早9年、これまで、ずっと4班で活動をしてきましたが、この度、思い切って班を変わることにしました。慣れ親しんだメンバーのもとから離れるのは、正直不安もありましたが、これまで関わったことのない方々と知り合うのは良い刺激になるのではないかと思い踏み切りました。市岡では、積極的に別の班に移りたいという人は珍しいようですが、私は今後、できれば全ての班を転々とし、より多くの人たちと関わりたいと思っています。
そして、少し変わっているかもしれませんが、私のような考えの人もいるということを、理解して頂ければ有り難いです。
(3班 Hさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

『いつもの話題』  4月13日の学級日誌

4月13日(金)
オーストラリア(ブリスベン)からの学習者1名(男性)を担当しています。彼は来日して4年目になります。最初の2年間は宮崎県に住み、その後、大阪に来ました。彼は公立の小学校と中学校で英会話の教師をしています。今年は大阪市教育委員会の仕事も始めるそうです。そこでの業務内容は、主に10月毎年行われる『イングリッシュデイ』と呼ばれる大阪市内の公立の生徒を対象とした英会話のイベントだそうです。毎年800名ほどの生徒が参加する大イベントとの事です。その主催者に彼が任命されました。
しかし、彼はその仕事に乗り気ではなさそうでした。彼いわく『日本人はいつも本人に選択肢を与えず、勝手に割当を決めてしまう。それが日本の嫌なところだ』と言っていました。私達日本人は、社会の中で働く場合、『NO』と言って断れない場合がほとんどで、その事を当然のことと思い込んでいますが、欧米では仕事を割当てる側は、常に本人の意思を尊重して『YES』か『NO』と言える選択肢を提示しなければならないそうです。
(過去に、同じ話をイギリス人からも聞いたことを思い出しました。)
残念ながら、これは日本社会の独特の暗黙の習慣であり、他の先進国に追いつけていない原因の一つかもしれないと思いました。また同時に、日本で働く外国人にもこの文化を理解してもらう必要があると感じました。
通常、この様な文化の違いや、英語と日本語表現方法の違いなどを、学習の中で話しています。
(1班 Oさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

お花見

4月7日(土)
毎年恒例のお花見を市岡元町公園で行いました。遠くは仙台やつくばから遊びに来てくれた昔のメンバーもいました。
残念ながら葉桜でしたが、楽しく歓談(歓飲)しました。

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

新年度の学習開始 4月6日(金)の学級日誌

4月6日(金)
 4月最初の日本語学習でした。平成30年度(2018年)が始まった。3月の後半にあった2回のボランティア研修で、学習者との勉強が2週間ありませんでした。学習者達と久しぶりに会ったので懐かしい感じがして、嬉しい気持ちで共に学ぶ時間が過ごせました。
 残念だったのは、学習活動が今日は短かった。年度最初の活動日であったことから、学習活動後にボランティアミーティングがあり、いつもなら午後7時から8時半までの学習時間であるところが8時で終了となり、遅れてきた学習者とはあまり対応する時間がとれませんでした。いつも台湾の青年と中国の青年の二人と日本語を学習していますが、中国青年は、病院関係の仕事をしており遅れて来ることが多く、当日も勤務の都合で遅れて来たため時間がとても短くなりました。
 それでも、市岡日本語教室の学習活動が休みであったこの2週間のできごとを、彼等から楽しく聞かせていただきました。一人は、友人と車で琵琶湖の北にあるゲレンデまで日帰りでスキーに行って、往復7時間ほどかかった話をしてくれました。別の一人は、JR鶴橋の近くにある「浴羽湯」という温泉に行って気持ちが良かったこと、温泉は炭酸泉で肌がスベスベになったことや壷湯が特に良かったことなどを楽しく話してくれました。
 ボランティアミーティングでは、5班ボランティアの各役割分担や学習時間をなるべく短縮しないでミーティングをすることの要望、ミーティング開催等の予告は2週前から始めて欲しいこと、5班ボランテイア間の親交が以前よりは希薄になっているかもしれないので親睦方法など対応の検討、学習者を交えた班ミーティングのありかた、新学習者登録簿のインタヴュー方法の例示、3月の研修内容であった「やさしい日本語」の学習への適用等について話しあわれました。時間の限定もあり、いずれの話題も深まるところまではいきませんでしたが、検討事項としては示唆されたものがあったと感じます。
(5班 Kさん)

DSC_0053

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

市岡日本語教室のボランティアに、参加して、1年  3月30日(金)の学級日誌

市岡日本語教室のボランティアに、参加して、1年。
素敵な出会いと別れがありました。初めて担当した学習者、台湾のHくん。
毎週、一緒に日本語を勉強したり、台湾の話をするのが、とても楽しかったです。
彼は、未熟な私の説明を、いつも一生懸命聞いてくれました。
その後、N2に合格し、大阪のオーケストラで、ヴァイオリン奏者としても活躍され、4月からは、東京の専門学校に行くことが決まりました。
市岡日本語教室には、通えなくなりますが、彼の夢がかなうこと、陰ながら応援したいと思います。
そして、3月30日はボランティア研修会。「やさしい日本語」について、船見先生からお話を聞きました。
日本にいる外国人には、「やさしい日本語」で対応すればよいとのこと。
30日は、日頃使い慣れているフレーズを「やさしい日本語」に言い換える問題にチャレンジしました。
あれこれ悩んで大変でしたが、4月からは、この研修を活かして、学習者に、やさしい日本語で接して、頑張りたいと思います。
(4班 A.Mさん)

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

3月30日 ボランティア研修会「やさしい日本語」応用編 アンケート結果

3月30日(金) 先週に引き続き「やさしい日本語」のボランティア研修会2回目です。今回は応用編ということで、グループに別れて観光ガイドをやさしい日本語で作ってみました。講師は先週に引き続き船見和秀先生にお願いしました。遠いところ、ありがとうございました。
出席者 1班10名、2班12名、3班3名、4班6名、5班7名、新規1名、教務5名 ボランティア計44名 学習者2名 全体合計46名
アンケート ①とても参考になった 35枚、②まあまあ参考になった 3枚 ○無し 1枚 計39枚
ご意見欄
*とても参考になりました。これからの活動に役立てて少しでも外国人にわかりやすくお話が出来る様努力させて頂きます。今日は有りがとう御座いました。
*日頃考えていないことを学ぶことができた。
*日本語教室内だけでなく、普段の生活の中で外国人の方に接する時に気を付けたいこと等、気付かされました。
*グループで色々話し合い、楽しかったです。もっと色々話を聞きたかったです。
*実践は楽しくて、より勉強になりました。2週にわたり、楽しい講義をありがとうございました。
*話が分かりやすく、良い勉強になりました。
*2回の講義で やさしい日本語の理解度が高まりました。あとは実践あるのみです。
*やさしい日本語への言い換えの練習はとても役に立つと思います。実習はもう少し時間があれば・・・楽しかったです。
*大変具体的でわかりやすい日本語の活用を更に更に学び 実践していきたい。ほんとによかったです。
*自分自身がいかに言葉の意味を理解していないかということを痛感しました。またやって欲しいです。
*使いやすい日本語で本当にいいです。
*やさしい日本語の考え方について、具体的案を学びました。有難うございました。
*「やさしい日本語」は奥が深くハートフル!きめこまやかな心づかいが何より大切だと実感しました。
*ワークショップ、実際にやってみると、難しかったです。今日体験出来て良かったです。
*実習生関係の仕事をしているので、さんこうになりました。
*参加型体験型の研修で楽しかったです。有難うございました。
*今まで気付かなかった色々の事がみじかに教えていただきました。
*観光案内のポスターづくりは・・・ 生きた教材づくりに役立つと思います。
*観光案内をやさしい日本語にする作業がとても実践的で役立ちました。
*とてもわかりやすく語り口調が優しいので一語一句が心にしみ入りました。有意義な時間をありがとうございました。
*わかり易く教えて頂き眼からうろこでした。
*具体的な話でわかり易かった。やさしい日本語の可能性を感じた。
*やさしい日本語を使って学習者(外国人)と話すようにしたいです。
*先週参加できなかったのですが、とてもためになりました。普段何気なく使っている日本語が説明しづらいものも多いなぁと改めて思いました。
*意識的にやさしい日本語を使っていきたいと思います。
*毎度(いつも)のことですが、とても勉強になりました。しかも楽しかった。「やさしい日本語」は本当にむつかしいです。
*日本語教室のみならず、いろんな所で役に立つ「やさしい日本語」です。月1回くらいやってほしいです。
*話し合いながら楽しく“やさしい日本語”について考えられた。
*普段意識せずに使っている日本語は、外国人にとって難しいということが分かりました。これから日本語にも意識を向けていきたいと思います。
*きいている人たちのおしゃべりが、今回は気になった。

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

オープンクラス

3月16日(金)
 今年度最後の学習日は、オープンクラスで楽しみました。

Posted in 学級日誌 | Leave a comment

やさしい日本語 3月23日ボランティア研修会のアンケート結果

3月23日(金) ボランティア研修会が開催されました。

やさしい日本語について 基礎編
講師 伊賀日本語の会 船見和秀先生

日本における外国人のための共通語は「やさしい日本語」です。
外国人に一番通じる言語は英語でも、中国語でもなく、日本語です。
ただ、自分たちが話しているそのままを話しても、なかなか通じないことがあります。
そのためには、「やさしい日本語」を学んで、ふだんからその使用を心がけましょう。
そのための研修として、「やさしい日本語」の推進者である船見先生に来ていただきました。
毎回、安い講師料で伊賀から出てきていただき、本当にありがとうございます。

<出席者>ボランティア49名の参加がありました。
<アンケート結果> 回収枚数40枚 うち「大いに役に立った」38名
<ご意見>
・興味深い内容でした。
・やさしい日本語にかなり興味が出ました。
・やさしい日本語の大切さがよくわかりました。
・今の日本語教育の考え方が良く分かりました。
・身近な話題(例題)で、大変参考になりました。
・たくさん例をあげていただけるので、とてもわかりやすかったです。
・先生の”例え話”が何とも言えず面白く解り易い。愉しい90分でした。
・参考になりました。(です、ますでetc.、相手に対し子供用の教材を使わない事)※赤字は字が読めませんでした
・なるほど!と思うことがたくさんありました。楽しく勉強できました。
・日本語指導に有意義な内容であり、非常に参考になりました。
・楽しいお話で勉強になりました。やさしい日本語の具体的な実習(文のいいかえ方など)をもっとやりたいです。
・面白かったです。英語は学ばなければならないのかなと思っていたので安心しました。
・わかりやすく日本語を伝えること、改めて考えられました。
・わかりやすい講義をありがとうございました。改めて自分の話し方を見直してみたいと思いました。
・前回以上に楽しく、勉強になりました。次回も楽しみです。
・このような勉強会はもっとあればいいでする。
・楽しく、ためになった。1時間半があっという間だった。ありがとうございました。
・分かりやすく面白かったです。習ったことを参考にしたいと思います。有難うございました。
・大変楽しい研修でした。判り易く説明していただけました。
・大変面白くて良かったです。来週もぜひお願いします。
・おもしろくてとても勉強になりました。
・楽しく勉強ができました。ありがとうございます。
・とてもわかりやすく楽しい授業でした。
・とてもわかりやすかったです。 ×2名
・楽しい時間でした。
・良かったです。楽しかったです。
・とても良かったです。
・良かったです。×2名
・早口なのでちょっとついていかれない。
・講義を邪魔するような私語をはさむ人がいるのは不愉快だ。

Posted in 学級日誌 | Leave a comment